相撲の雑誌・書籍


相撲の本

相撲のDVD

相撲の雑誌

相撲グッズ


著者による著作一覧

ここまで知って大相撲通

根間弘海著、1998年、グラフ社、237頁
相撲部屋の内幕から、力士の一日、土俵の上のさまざまなしきたり、本場所のシステム、行司や呼び出し、床山など大相撲を支える人々についてまで、ファンが知りたい知識と情報を満載。

大相撲と歩んだ行司人生51年

根間弘海、33代木村庄之助、共著、2006年、英宝社、179頁
33代立行司・木村庄之助の行司人生を、インタヴュー形式で紹介しながら、行司の世界を垣間見る。行司に関する用語の解説、土俵の形式や番付の見方などを網羅。相撲ファンを魅了する、相撲知識満載の書。

大相撲行司の伝統と変化

根間弘海著、2010年、専修大学出版局、368頁
第1章 軍配の握り方を巡って 第2章 譲り団扇 第3章 行司と草履 第4章 明治43年以前の紫房は紫白だった 第5章 幕下格以下行司の階級色 第6章 行司の帯刀 第7章 帯刀は切腹覚悟のシンボルではない 第8章 昭和初期の番付と行司 第9章 明治30年以降の番付と房の色

大相撲行司の世界

根間弘海様、2011年、吉川弘文館、193頁
国技大相撲を司り、神事と結びつける役割を果たす行司。その起源・歴史、土俵上の所作、装束、位階や名前、土俵外の裏方の仕事等々、一般にはあまり知られていない興味ある話題を満載する。大相撲観戦の楽しみが倍増。

大相撲行司の軍配房と土俵

根間弘海著、2012年、専修大学出版局、300頁
第1章 立行司も明治11年には帯刀しなかった 第2章 上覧相撲の横綱土俵入りと行司の着用具 第3章 明治17年の天覧相撲と現在の土俵入り 第4章 行司の黒星と相撲の規定 第5章 草履の朱房行司と無草履の朱房行司 第6章 行司の木村姓と式守姓の名乗り 第7章 行司の改名に関する研究 第8章 大正時代の番付と房の色

大相撲の歴史に見る秘話とその検証

根間弘海著、2013年、専修大学出版局、283頁
第1章 座布団投げ 第2章 土俵三周の太鼓と触れ太鼓 第3章 土俵の構築 第4章 土俵の屋根 第5章 軍配房の長さ 第6章 足袋行司の出現と定着 第7章 大正末期の三名の朱房行司 第8章 南部相撲の四角土俵と丸土俵 第9章 謎の絵は南部相撲ではない
 

SUMOキークエスチョン258

根間弘海著、1998年、洋販出版、205頁
日本の伝統文化のひとつである「相撲SUMO」についてQ&A形式でまとめた「相撲」への興味が増す一冊。内容確認用の和文が対称ページに併記、必要に応じて内容を確認・理解しながら無理なく読むことが出来ます。


相撲の雑誌・書籍にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*