大相撲ドットコムはQ&A形式で学ぶ 相撲 の情報サイトです。

日本文化の底流にある伝統を探るには相撲が一番です。特に江戸文化を知るには大相撲を支えている文化を知ることです。会社、仕事場、家族等における伝統的な礼儀作法や人間関係等は、現在の相撲世界にはほとんどそのまま生きています。つまり、相撲の文化を見れば、古い時代の日本文化だけでなく、現在の日本文化も知ることができます。相撲の世界は、一見して、現在の日本の日常生活と異質ですが、日本文化の伝統を頑なに堅持しています。もちろん、伝統を堅持すると言っても、時代と共に、少しずつ変化しています。しかし、その変化はかなりスローであり、しかも部分的なので、現時点ではあまり変化していないように見えます。長いスパンで見れば、大きく変化している部分が結構あります。いずれにしても、日本文化を知りたければ、相撲を支えている独自の文化に目を向けてみることです。特に日本文化に興味を抱く外国人には、相撲の世界を研究することを勧めます。そうすれば、現在の日本文化の底流に流れている考えや行動様式なども容易に理解できるはずです。

RSS 相撲の最新ニュース

  • 日体大が2年ぶりV/大学選抜相撲十和田大会|スポーツ|青森 ... - 東奥日報 2018年8月14日
    東奥日報日体大が2年ぶりV/大学選抜相撲十和田大会|スポーツ|青森 ...東奥日報第53回全日本大学選抜相撲十和田大会(日本学生相撲連盟、県相撲連盟主催)が14日、十和田市相撲場で行われた。団体戦決勝は、菊池大史芽(ひろしげ)=木造出=が ...and more »
  • インターハイ相撲競技・団体戦32校の頂点は埼玉栄高等学校 - リセマム 2018年8月14日
    リセマムインターハイ相撲競技・団体戦32校の頂点は埼玉栄高等学校リセマム... 回大会以降、2年前に続いて通算5回目となる。過去の決勝での対戦成績は2勝2敗の五分となっている。インターハイの実績としては、これまで埼玉栄は優勝9回、準優勝4回、鳥取城北は優勝3回、準優勝5回という数字で、平成時代の高校相撲の名門校同士の対決である。
  • インターハイ相撲競技・個人戦、埼玉栄高の齋藤大輔君が優勝 - リセマム 2018年8月14日
    リセマムインターハイ相撲競技・個人戦、埼玉栄高の齋藤大輔君が優勝リセマムそれでも、2回戦でもう一人の因縁の相手とも言える花田秀虎君(和歌山商)に押し出しで勝って土俵上で思わず「バンザイ」とともに大きな声をあげて審判員に注意されるということもあったが、「これまでの中で、一番いい相撲が取れた」という満足感もあったようだ。また、周囲の ...
  • 泣き相撲で赤ちゃん「卒業」神戸・北区の有間神社 - 神戸新聞 2018年8月11日
    神戸新聞泣き相撲で赤ちゃん「卒業」神戸・北区の有間神社神戸新聞力いっぱい泣く子どもの成長を祈願する「一心泣き相撲」が11日、神戸市北区有野町有野の有間神社で開かれた。生後6カ月~2歳半の子ども約50人が「ぎゃあー、ぎゃあー」と泣き、赤ちゃんを「卒業」した。 当初は北区の湯泉神社で開いていたが、交通網の関係で開催場所を有 ...and more »
  • 都道府県中学大会 軽量級、県勢初の快挙 箕島中3年・井ノ上選手が優勝 地道な取り組み奏功 有田 /和歌山 - 毎日新聞 2018年8月11日
    毎日新聞都道府県中学大会 軽量級、県勢初の快挙 箕島中3年・井ノ上選手が優勝 地道な取り組み奏功 有田 /和歌山毎日新聞今月5日に東京・両国国技館で開催された全国都道府県中学生相撲選手権大会の軽量級で有田市立箕島中3年、井ノ上豪志(ごうし)選手(14)が県勢として初優勝を飾った。相撲の競技人口が先細る中、箕島地区では小中高の合同練習や県外選手の受け入れを進めており、 ...