大相撲ドットコムはQ&A形式で学ぶ 相撲 の情報サイトです。

日本文化の底流にある伝統を探るには相撲が一番です。特に江戸文化を知るには大相撲を支えている文化を知ることです。会社、仕事場、家族等における伝統的な礼儀作法や人間関係等は、現在の相撲世界にはほとんどそのまま生きています。つまり、相撲の文化を見れば、古い時代の日本文化だけでなく、現在の日本文化も知ることができます。相撲の世界は、一見して、現在の日本の日常生活と異質ですが、日本文化の伝統を頑なに堅持しています。もちろん、伝統を堅持すると言っても、時代と共に、少しずつ変化しています。しかし、その変化はかなりスローであり、しかも部分的なので、現時点ではあまり変化していないように見えます。長いスパンで見れば、大きく変化している部分が結構あります。いずれにしても、日本文化を知りたければ、相撲を支えている独自の文化に目を向けてみることです。特に日本文化に興味を抱く外国人には、相撲の世界を研究することを勧めます。そうすれば、現在の日本文化の底流に流れている考えや行動様式なども容易に理解できるはずです。

RSS 相撲の最新ニュース

  • 平舘高相撲部と園児が「真剣勝負」 八幡平市で交流 - 岩手日報 2016年7月25日
    岩手日報平舘高相撲部と園児が「真剣勝負」 八幡平市で交流岩手日報八幡平市松尾寄木の寄木保育所(大森玲子所長、園児47人)は25日、同市の平舘高を訪れ、個人、団体でインターハイ出場を決め、強化合宿中の同校相撲部員と交流した。 年長園児12人が訪問。はだしで土俵に上がった園児は、インターハイのほか、地元八幡平市で開か ...and more »
  • 稀勢“綱取り失敗”のウラで交錯した相撲協会の思惑 - ZAKZAK 2016年7月25日
    時事通信稀勢“綱取り失敗”のウラで交錯した相撲協会の思惑ZAKZAK稀勢の里が豪栄道を押し出し。綱取りを来場所につなげた【拡大】. 稀勢の里(30)の綱取りは、またもや来場所へ仕切り直しとなった。同時に何としても新横綱が欲しいという相撲協会の思惑が、激しく交錯した。 理由は1つ。今場所もまた、15日間すべて満員御礼の垂れ幕が ...稀勢 土俵際残った!3敗死守 千秋楽で豪栄倒して日馬結果待つスポーツニッポン【大相撲】 横審・守屋委員長「優勝しないと」 稀勢の綱取り産経ニュース稀勢の里が白鵬撃破 千秋楽勝てばV逸でも綱に望み日刊スポーツ毎日新聞 -日本経済新聞 -スポーツ報知all 71 news articles »
  • 西日本学生個人体重別選手権 無差別級、金沢学院大・中村初V - 毎日新聞 2016年7月25日
    明大スポーツWEB西日本学生個人体重別選手権 無差別級、金沢学院大・中村初V毎日新聞第41回西日本学生相撲個人体重別選手権大会(毎日新聞社など後援)が24日、堺市大浜公園相撲場で行われた。8階級で争われ、6月の西日本学生相撲選手権で1部個人戦を制した金沢学院大の中村友哉(4年)が無差別級で初優勝を果たした。各階級の上位計50人は9 ...相撲部 115 未満級で快挙 上位3人が明大勢/東日本学生個人体重別選手権明大スポーツWEBall 2 news articles »
  • 優勝の日馬富士「いいライバルといい相撲取れた」 - NHK 2016年7月25日
    毎日新聞優勝の日馬富士「いいライバルといい相撲取れた」NHK大相撲名古屋場所で8回目の優勝を果たした横綱・日馬富士が、千秋楽から一夜明けて記者会見し、「いいライバルといい相撲が取れてよかった」と振り返りました。 日馬富士は今場所、中盤までに平幕に2敗を喫しましたが、終盤に入って持ち味の速さと鋭さを増し、13勝2敗で ...大相撲:日馬富士「一日一日大切に相撲人生に尽くしたい」毎日新聞日馬富士「積み重ねが結果に」 優勝から一夜明け会見日本経済新聞日馬富士、4場所ぶり8度目優勝東京新聞日刊スポーツall 75 news articles »
  • 黒羽高相撲部でちゃんこと稽古見学 - 下野新聞 2016年7月25日
    下野新聞黒羽高相撲部でちゃんこと稽古見学下野新聞黒羽高相撲部後援会は24日、大田原市の同校でちゃんこ会・稽古見学を初めて開催した。 後援会と同部の交流の一環。会員10人が8月の全国高校総体(団体、個人)出場を前に行う同部夏期合宿初日のぶつかり稽古などを間近で見学し、その後、特製のちゃんこを食べて ...