大相撲ドットコムはQ&A形式で学ぶ 相撲 の情報サイトです。

日本文化の底流にある伝統を探るには相撲が一番です。特に江戸文化を知るには大相撲を支えている文化を知ることです。会社、仕事場、家族等における伝統的な礼儀作法や人間関係等は、現在の相撲世界にはほとんどそのまま生きています。つまり、相撲の文化を見れば、古い時代の日本文化だけでなく、現在の日本文化も知ることができます。相撲の世界は、一見して、現在の日本の日常生活と異質ですが、日本文化の伝統を頑なに堅持しています。もちろん、伝統を堅持すると言っても、時代と共に、少しずつ変化しています。しかし、その変化はかなりスローであり、しかも部分的なので、現時点ではあまり変化していないように見えます。長いスパンで見れば、大きく変化している部分が結構あります。いずれにしても、日本文化を知りたければ、相撲を支えている独自の文化に目を向けてみることです。特に日本文化に興味を抱く外国人には、相撲の世界を研究することを勧めます。そうすれば、現在の日本文化の底流に流れている考えや行動様式なども容易に理解できるはずです。

RSS 相撲の最新ニュース

  • -僕カノ- 僕の彼女が相撲をはじめた。〜 iOS版リリースのお知らせ 〜 - ValuePress! (プレスリリース) 2016年12月6日
    ValuePress! (プレスリリース)-僕カノ- 僕の彼女が相撲をはじめた。〜 iOS版リリースのお知らせ 〜ValuePress! (プレスリリース)☆(=・ω・=)『僕カノ』って何? 本作のストーリーは怪我で相撲が出来なくなってしまった、姉の代わりに僕の彼女『桜屋敷 ことね』が女相撲の横綱を目指すところから始まる。 【僕の彼女(ことね)】:「私、相撲をはじめることにしたの。」 【僕】:「えええええええええええええ!!!!!」.
  • JR両国駅に新施設オープン「相撲だけじゃない」墨田区の観光地化構想とは - BLOGOS 2016年12月6日
    BLOGOSJR両国駅に新施設オープン「相撲だけじゃない」墨田区の観光地化構想とはBLOGOS11月22日、すみだ北斎美術館が墨田区の津軽家上屋敷跡地に開館しました。その3日後の25日には、JR総武線の両国駅に併設した商業施設がリニューアルオープンを果たしています。同施設には、寿司・天ぷら・もんじゃ・甘味処・日本酒など、江戸情緒を感じさせる飲食店12 ...and more »
  • 名誉と意地“どすこい” 12年に一度「申相撲」|佐賀新聞LiVE - 佐賀新聞 2016年12月6日
    佐賀新聞名誉と意地“どすこい” 12年に一度「申相撲」|佐賀新聞LiVE佐賀新聞12年に一度、申(さる)年に奉納される伝統行事「申相撲」が5日、伊万里市二里町であった。作井手(つくいで)公民館裏に設けた相撲場で、地区の名誉と意地をかけた団体 ...12年に1度の申相撲大会 真剣勝負に喝采 伊万里市二里町 [佐賀県 ...西日本新聞2016歳末点描:災いや悪霊が「さる」 伊万里で225年の伝統「申相撲 ...毎日新聞all 3 news articles »
  • 相撲の町・両国にごっつぁんワールド出現 - スポーツ報知 2016年12月6日
    スポーツ報知相撲の町・両国にごっつぁんワールド出現スポーツ報知お相撲の街、両国に新施設が誕生した。両国国技館への玄関口、JR両国駅西口にオープンした「―両国―江戸NOREN」は、旧駅舎をリニューアルして和食専門店12店が並ぶ。 「―両国―江戸NOREN」ののれんをくぐって奥に進むと、吹き抜けの天井から赤、青、黒、白の房が ...
  • 大相撲名場面 2004年夏場所6日目 朝青龍の連勝を「35」で止めた北勝力 - 毎日新聞 2016年12月5日
    大相撲名場面 2004年夏場所6日目 朝青龍の連勝を「35」で止めた北勝力毎日新聞前日に大鵬が2度記録した34連勝を抜き、連勝を昭和以降では単独5位(当時)の「35」に伸ばしていた横綱・朝青龍を得意の押し相撲で破った。 立ち合いで、北勝力が2度突っ掛けた。「待ったが続き、向こうも緊張していたのではないか」。3度目の立ち合い。右で張って上手を ...