大相撲ドットコムはQ&A形式で学ぶ 相撲 の情報サイトです。

日本文化の底流にある伝統を探るには相撲が一番です。特に江戸文化を知るには大相撲を支えている文化を知ることです。会社、仕事場、家族等における伝統的な礼儀作法や人間関係等は、現在の相撲世界にはほとんどそのまま生きています。つまり、相撲の文化を見れば、古い時代の日本文化だけでなく、現在の日本文化も知ることができます。相撲の世界は、一見して、現在の日本の日常生活と異質ですが、日本文化の伝統を頑なに堅持しています。もちろん、伝統を堅持すると言っても、時代と共に、少しずつ変化しています。しかし、その変化はかなりスローであり、しかも部分的なので、現時点ではあまり変化していないように見えます。長いスパンで見れば、大きく変化している部分が結構あります。いずれにしても、日本文化を知りたければ、相撲を支えている独自の文化に目を向けてみることです。特に日本文化に興味を抱く外国人には、相撲の世界を研究することを勧めます。そうすれば、現在の日本文化の底流に流れている考えや行動様式なども容易に理解できるはずです。

RSS 相撲の最新ニュース

  • 近大の谷村個人優勝 西日本学生相撲競技会 - 47NEWS 2018年11月15日
    47NEWS近大の谷村個人優勝 西日本学生相撲競技会47NEWS加盟校内で普段公式戦に出場できない選手に全国大会への門戸を開こうと、来年の西日本学生選手権1部個人戦に出場できる8選手を決める「第6回西日本学生相撲競技会」(西日本学生相撲連盟主催)が11日、堺市の ... 記事全文を読む ❯ ...
  • 稀勢、相撲人生土俵際…87年ぶり初日から綱4連敗 気迫空回り - スポーツニッポン 2018年11月14日
    スポーツ報知稀勢、相撲人生土俵際…87年ぶり初日から綱4連敗 気迫空回りスポーツニッポン大阪相撲最後の横綱の宮城山はその場所で5勝6敗と負け越して引退した。87年ぶりの屈辱により、稀勢の里は休場やむなしというだけでなく、進退に大きな影響を及ぼしかねない状況に陥った。3日連続の金星配給は自身3度目で、これも千代の山のワースト記録に並んだ。稀勢の里「また、いい相撲取ることを考えてる」読売新聞古市憲寿氏、稀勢の里の4連敗に「相撲って真剣勝負なんですね」スポーツ報知稀勢の里「しっかり治し、来場所から頑張ります」毎日新聞all 820 news articles »
  • 相撲協会招待の豪雨被災者が観戦/九州場所 - サンケイスポーツ 2018年11月14日
    相撲協会招待の豪雨被災者が観戦/九州場所サンケイスポーツ大相撲九州場所4日目の14日、昨年7月の九州北部の豪雨で被災した福岡県朝倉市の住民ら約50人が福岡国際センターで観戦した。同市内に部屋宿舎を構える片男波親方(元関脇玉春日)の提案により、日本相撲協会が4、5日目の招待を決めた。九州場所担当部長の境川 ...
  • 宇良が初日から2連勝「落ちついて前出る良い相撲」 - 日刊スポーツ 2018年11月14日
    BIGLOBEニュース宇良が初日から2連勝「落ちついて前出る良い相撲」日刊スポーツ幕内復帰を目指す東三段目33枚目宇良(26=木瀬)が、初日から2連勝を飾った。 東三段目32枚目豊翔(23=境川)に対し、立ち合いから低く当たった。激しい突きで相手を後退させ、最後は右手で突き出した。完璧な内容に「落ちついて前に出る、良い相撲にまとめられた気がし ...宇良、2連勝!関取復帰へ「相撲にきれい事は持ってこれません」スポーツニッポンall 7 news articles »
  • 栃煌山「やっちゃいけない相撲」大関撃破にも反省 - 日刊スポーツ 2018年11月14日
    栃煌山「やっちゃいけない相撲」大関撃破にも反省日刊スポーツ栃煌山は同学年の豪栄道をすくい投げで破り3連勝、2関脇に続き大関も撃破した。ただ、引いての白星に「立ち合いは良くなかったですね。ふわっと立って集中力がなかった。一番やっちゃいけない相撲」と反省。 今日4日目の相手は稀勢の里。昨年九州場所以来の横綱戦に「とり ...and more »