大相撲ドットコムはQ&A形式で学ぶ 相撲 の情報サイトです。

日本文化の底流にある伝統を探るには相撲が一番です。特に江戸文化を知るには大相撲を支えている文化を知ることです。会社、仕事場、家族等における伝統的な礼儀作法や人間関係等は、現在の相撲世界にはほとんどそのまま生きています。つまり、相撲の文化を見れば、古い時代の日本文化だけでなく、現在の日本文化も知ることができます。相撲の世界は、一見して、現在の日本の日常生活と異質ですが、日本文化の伝統を頑なに堅持しています。もちろん、伝統を堅持すると言っても、時代と共に、少しずつ変化しています。しかし、その変化はかなりスローであり、しかも部分的なので、現時点ではあまり変化していないように見えます。長いスパンで見れば、大きく変化している部分が結構あります。いずれにしても、日本文化を知りたければ、相撲を支えている独自の文化に目を向けてみることです。特に日本文化に興味を抱く外国人には、相撲の世界を研究することを勧めます。そうすれば、現在の日本文化の底流に流れている考えや行動様式なども容易に理解できるはずです。

RSS 相撲の最新ニュース

  • エアロビのトリオで「金」獲得!相撲太田は銀 Wゲームズ - サンケイスポーツ 2017年7月23日
    中日スポーツエアロビのトリオで「金」獲得!相撲太田は銀 Wゲームズサンケイスポーツ国際総合大会のワールドゲームズは22日、ポーランドのウロツワフで行われ、エアロビックのトリオで北爪凜々、金井拓海、斉藤瑞己(以上SKJ)の日本が金メダルを獲得した。 相撲の女子中量級で太田麻乃(沼津市役所)は銀メダルとなり、水沼ひかる(愛媛・津島高)は4位。エアロビックのトリオで日本が金 相撲太田は銀、Wゲームズ西日本新聞all 2 news articles »
  • 鹿児島)奄美の相撲文化、冊子に「守る意識高まれば」 - 朝日新聞 2017年7月22日
    朝日新聞鹿児島)奄美の相撲文化、冊子に「守る意識高まれば」朝日新聞島では集落を「シマ」と呼びますが、ほとんどのシマに常設の土俵があります。奄美市立奄美博物館の調査によると、奄美大島だけで120以上。奄美の相撲文化に詳しい琉球大の津波高志名誉教授は著書で、「(奄美大島は)恐らく日本一土俵の多い島ではないか」と紹介してい ...
  • 愛知)女子相撲で奮闘 愛知学院大1年の佐野清香さん - 朝日新聞 2017年7月22日
    朝日新聞愛知)女子相撲で奮闘 愛知学院大1年の佐野清香さん朝日新聞女子相撲で奮闘している大学生が県内にいる。愛知学院大(日進市)1年の佐野清香さん(18)。今月2日の全国大会で優勝した。だが、「もっと色々な大会で勝ちたい」とさらなる高みを目指している。 佐野さんは岡崎市出身。相撲を始めたのは5歳の時で、姉と兄が相撲教室に ...
  • 宇良、負け越しに肩落とす「もっと重たい相撲取りたい」/名古屋場所 - サンケイスポーツ 2017年7月22日
    宇良、負け越しに肩落とす「もっと重たい相撲取りたい」/名古屋場所サンケイスポーツ大相撲名古屋場所14日目(22日、愛知県体育館)土俵を動き回って場所を盛り上げてきた小兵の宇良は、負け越しが決まった。関脇の玉鷲にあっけなくはたき込まれ、「力の差があった。もっと重たい相撲を取りたい」と肩を落とした。 自己最高位で迎えた今場所は休場者が出た ...and more »
  • 新潟西蒲区で海上相撲大会 - 新潟日報 2017年7月22日
    新潟日報新潟西蒲区で海上相撲大会新潟日報海に浮かぶ土俵から落ちたら負けとなる海上相撲大会が22日、新潟市西蒲区の角田浜海水浴場で開かれた。子どもから大人まで約80人が、夏本番を迎えた海で熱戦を繰り広げた。 地元住民でつくる角田地区コミュニティ協議会が主催し今年で3回目。ドラム缶に板を載せた ...