大相撲ドットコムはQ&A形式で学ぶ 相撲 の情報サイトです。

日本文化の底流にある伝統を探るには相撲が一番です。特に江戸文化を知るには大相撲を支えている文化を知ることです。会社、仕事場、家族等における伝統的な礼儀作法や人間関係等は、現在の相撲世界にはほとんどそのまま生きています。つまり、相撲の文化を見れば、古い時代の日本文化だけでなく、現在の日本文化も知ることができます。相撲の世界は、一見して、現在の日本の日常生活と異質ですが、日本文化の伝統を頑なに堅持しています。もちろん、伝統を堅持すると言っても、時代と共に、少しずつ変化しています。しかし、その変化はかなりスローであり、しかも部分的なので、現時点ではあまり変化していないように見えます。長いスパンで見れば、大きく変化している部分が結構あります。いずれにしても、日本文化を知りたければ、相撲を支えている独自の文化に目を向けてみることです。特に日本文化に興味を抱く外国人には、相撲の世界を研究することを勧めます。そうすれば、現在の日本文化の底流に流れている考えや行動様式なども容易に理解できるはずです。

RSS 相撲の最新ニュース

  • 相撲団体、若草AがV3 ソフトテニス個人は河内アベックV 県中学新人スポーツ - 下野新聞 2017年10月16日
    下野新聞相撲団体、若草AがV3 ソフトテニス個人は河内アベックV 県中学新人スポーツ下野新聞県中学新人スポーツは14、15の両日、大田原市美原公園相撲場ほかで相撲や柔道、ソフトテニスなどを行った。 相撲は団体で若草Aが3連覇を果たし、個人無差別級は竹田章一郎(たけだしょういちろう)(若草)が制した。柔道は男女個人を行い、男子は足利一勢が8階級中3 ...and more »
  • 声 励み 児童が土俵際 熱戦 滑川・学童相撲大会 - 中日新聞 2017年10月15日
    中日新聞声 励み 児童が土俵際 熱戦 滑川・学童相撲大会中日新聞第二十七回滑川市学童相撲大会(北陸中日新聞後援)は十五日、市総合体育センターで開かれ、児童たちが土俵で互いの力をぶつけ合った。(山中正義). 市内の小学一~六年の児童五十人が参加し、男女別で団体戦と個人戦を実施。団体戦は低学年と高学年に、個人戦は ...
  • 相撲発祥地「腰折田」PR - 読売新聞 2017年10月15日
    読売新聞相撲発祥地「腰折田」PR読売新聞相撲は、日本書紀に登場する 当麻蹶速 ( たいまのけはや ) と 野見宿禰 ( のみのすくね ) の対決が起源とされる。腰の骨を折られて敗れた蹶速が所有する土地が、勝った宿禰に与えられ、「腰折田」と呼ばれた。 市は「良福寺の腰折田こそ両者の対決の場だった」として広場( ...
  • 大相撲の中継、18時に終わるのはなぜ? 魅力を探る - 朝日新聞 2017年10月15日
    朝日新聞大相撲の中継、18時に終わるのはなぜ? 魅力を探る朝日新聞相撲中継が午後6時にぴたりと終わるのはなぜか。 大相撲中継の歴史は長い。ラジオが始まったのは1928年。それまでは制限時間はなく、互いの呼吸が合わずに50回以上立ち合いをしたこともあった。ラジオ中継をきっかけに、制限時間が設けられ、今は幕内約4分と決められ ...
  • 多くの相撲ファン訪れ 大相撲金沢場所(石川県) - 日テレNEWS24 2017年10月14日
    多くの相撲ファン訪れ 大相撲金沢場所(石川県)日テレNEWS24人気力士との握手会では、相撲ファンが、元大関の琴奨菊や七尾市出身の輝らと触れ合っていた。輝のもとには多くの人だかりができ、1人1人のサインに応じ元気な姿を見せていた。また、金沢市出身の炎鵬は笑顔でファンとの写真撮影に対応。公開稽古では、軽い身のこなしを ...and more »