大相撲ドットコムはQ&A形式で学ぶ 相撲 の情報サイトです。

日本文化の底流にある伝統を探るには相撲が一番です。特に江戸文化を知るには大相撲を支えている文化を知ることです。会社、仕事場、家族等における伝統的な礼儀作法や人間関係等は、現在の相撲世界にはほとんどそのまま生きています。つまり、相撲の文化を見れば、古い時代の日本文化だけでなく、現在の日本文化も知ることができます。相撲の世界は、一見して、現在の日本の日常生活と異質ですが、日本文化の伝統を頑なに堅持しています。もちろん、伝統を堅持すると言っても、時代と共に、少しずつ変化しています。しかし、その変化はかなりスローであり、しかも部分的なので、現時点ではあまり変化していないように見えます。長いスパンで見れば、大きく変化している部分が結構あります。いずれにしても、日本文化を知りたければ、相撲を支えている独自の文化に目を向けてみることです。特に日本文化に興味を抱く外国人には、相撲の世界を研究することを勧めます。そうすれば、現在の日本文化の底流に流れている考えや行動様式なども容易に理解できるはずです。

RSS 相撲の最新ニュース

  • 相撲で知る区の魅力 市民館 - タウンニュース 2018年5月24日
    相撲で知る区の魅力 市民館タウンニュース相撲を通じて多摩区を知る市民館の講座「相撲から地域の魅力を再発見」が7月から行われる。市教育委員会主催。 シニアの社会参加支援事業の一つとして開催。強豪校である向の岡工業高校相撲部の稽古見学や区内の相撲大会の紹介など、全5回の講座で学ぶ。 日程は7 ...
  • 相撲協会、森永製菓に感謝状 長年の懸賞に謝意「どのような状況であっても…」 - スポーツ - サンスポ - サンケイスポーツ 2018年5月24日
    相撲協会、森永製菓に感謝状 長年の懸賞に謝意「どのような状況であっても…」 - スポーツ - サンスポサンケイスポーツ日本相撲協会は24日、本場所でファン投票により懸賞の取組を決める「森永賞」の長年の功績をたたえ、森永製菓に感謝状を贈呈した。同賞は現在、年3度の東京開催場所で実施されている。 森永製菓は1951年から懸賞掲出を開始し、54年春場所からファン投票で決定する ...
  • 夏巡業は3日増の26日間 日本相撲協会が日程発表 - スポーツ ... - サンケイスポーツ 2018年5月24日
    夏巡業は3日増の26日間 日本相撲協会が日程発表 - スポーツ ...サンケイスポーツ日本相撲協会は24日、大相撲名古屋場所後に実施する夏巡業の日程を発表し、昨年より3日増えて26日間の開催となった。25日間を上回るのは27日間だった1995年…and more »
  • 八角理事長「白鵬のこんな負け方を初めて見た」 - 日刊スポーツ 2018年5月24日
    BIGLOBEニュース八角理事長「白鵬のこんな負け方を初めて見た」日刊スポーツ全勝の関脇栃ノ心(30=春日野)が、1敗で追う横綱白鵬(33=宮城野)を力相撲でねじ伏せ12戦全勝。確実な状況の大関昇進と2場所ぶり2度目の優勝という“2冠”に向かって、まっしぐらだ。 右の相四つ、左上手も十分で胸が合った。これまでの対戦と、ほぼ同じ体勢でこれ ...栃ノ心、大関昇進決定的に 白鵬との大一番制し12連勝朝日新聞審判部が栃ノ心を高評価 藤島副部長「大関とりどころか横綱相撲」/夏場所サンケイスポーツ栃ノ心ジョージア初の大関へ 過去全敗の白鵬破る毎日新聞BIGLOBEニュース -日本経済新聞 -AERA dot.all 109 news articles »
  • ヨコヅナ アメリカ人が考えた“相撲レスラー”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第83話> - 日刊SPA! 2018年5月23日
    日刊SPA!ヨコヅナ アメリカ人が考えた“相撲レスラー”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第83話>日刊SPA!そのものズバリ、ヨコヅナ=横綱をリングネームにしたアメリカ人が考えた“相撲レスラー”。 WWE世界ヘビー級王座を2回保持し、ハルク・ホーガンからブレット・ハートへの政権交代の“セットアッパー=中継ぎ”としてひじょうに重要なポジションを演じ、“レッスルマニア9”(1993年4 ...