大相撲ドットコムはQ&A形式で学ぶ 相撲 の情報サイトです。

日本文化の底流にある伝統を探るには相撲が一番です。特に江戸文化を知るには大相撲を支えている文化を知ることです。会社、仕事場、家族等における伝統的な礼儀作法や人間関係等は、現在の相撲世界にはほとんどそのまま生きています。つまり、相撲の文化を見れば、古い時代の日本文化だけでなく、現在の日本文化も知ることができます。相撲の世界は、一見して、現在の日本の日常生活と異質ですが、日本文化の伝統を頑なに堅持しています。もちろん、伝統を堅持すると言っても、時代と共に、少しずつ変化しています。しかし、その変化はかなりスローであり、しかも部分的なので、現時点ではあまり変化していないように見えます。長いスパンで見れば、大きく変化している部分が結構あります。いずれにしても、日本文化を知りたければ、相撲を支えている独自の文化に目を向けてみることです。特に日本文化に興味を抱く外国人には、相撲の世界を研究することを勧めます。そうすれば、現在の日本文化の底流に流れている考えや行動様式なども容易に理解できるはずです。

RSS 相撲の最新ニュース

  • 好角家の市川海老蔵、照ノ富士の相撲をバッサリ 「寂しい内容」 - デイリースポーツ 2017年3月26日
    デイリースポーツ好角家の市川海老蔵、照ノ富士の相撲をバッサリ 「寂しい内容」デイリースポーツ歌舞伎俳優・市川海老蔵が26日、自身のブログで、27日の千秋楽で2度目の優勝が懸かる大関照ノ富士の“変化”に注文を付けた。 大相撲春場所14日目、琴奨菊との一番で右への変化からはたき込みで勝利した照ノ富士だが、なりふり構わないその相撲には、歌舞伎界随一の ...変化の照ノ富士に「勝負しろよ」「取り直せ」と怒号日刊スポーツ琴奨菊、5敗目 大関復帰に崖っぷち 残り3日「しっかり自分の相撲を取る」産経ニュース照ノ富士変化、1敗守る…観客から怒号毎日新聞時事通信 -livedoor -スポーツニッポンall 55 news articles »
  • 幕下筆頭の貴源治、7番相撲敗戦も新十両昇進確実 - 日刊スポーツ 2017年3月25日
    幕下筆頭の貴源治、7番相撲敗戦も新十両昇進確実日刊スポーツ4勝2敗で既に勝ち越しを決め、10代関取を確実にしている西幕下筆頭の貴源治(19=貴乃花)が、今場所最後の7番相撲に登場。同7枚目の大翔鵬(追手風)に右四つの体勢から寄り切られ4勝3敗。有終の美は飾れなかった。 前日の13日目終了時点で、富士東と北はり磨 ...
  • 【大相撲春場所】相撲協会の“稀勢推し”大誤算 近年では異例のマーケット戦略 - 東スポWeb 2017年3月25日
    東スポWeb【大相撲春場所】相撲協会の“稀勢推し”大誤算 近年では異例のマーケット戦略東スポWeb角界に衝撃が走った。大相撲春場所13日目(24日、大阪府立体育会館)、新横綱の稀勢の里(30=田子ノ浦)は横綱日馬富士(32=伊勢ヶ浜)に寄り倒されて初黒星。初日からの連勝が12でストップした。この取組で左肩から胸のあたりを負傷して大阪市内の病院へ直行。25 ...日馬富士の鬼気迫る相撲で病院送りも 稀勢の里は強行出場日刊ゲンダイ稀勢の里強行出場も左差せず…師匠「信じている」日刊スポーツけがの稀勢の里きょうも出場 鶴竜と対戦へNHKBIGLOBEニュース -スポーツ報知all 232 news articles »
  • 「日本人横綱の意地感じる」「無理させないで」ファンら熱いエール - 産経ニュース 2017年3月25日
    「日本人横綱の意地感じる」「無理させないで」ファンら熱いエール産経ニュース稀勢の里が25日も出場するとの知らせを受け、春場所が開催されている大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪前に詰めかけた相撲ファンらは、19年ぶりの日本人横綱として初めて臨む場所での決断を評価する一方、けがの状態や今後の競技人生を心配する声も漏れた。
  • 意外と多いスケート力士 - 日刊スポーツ 2017年3月25日
    意外と多いスケート力士日刊スポーツ相撲観戦に訪れた本田きょうだい。左から太一、真凛、望結、紗来(撮影・鈴木正人). 氷上のプリンセスに、力士たちも色めいた。フィギュアスケート本田真凜の来場を知って、まずは幕内最年少の20歳貴景勝が心を弾ませた。「めっちゃ好きっす。結婚したいっす」と、やや ...