大相撲ドットコムはQ&A形式で学ぶ 相撲 の情報サイトです。

日本文化の底流にある伝統を探るには相撲が一番です。特に江戸文化を知るには大相撲を支えている文化を知ることです。会社、仕事場、家族等における伝統的な礼儀作法や人間関係等は、現在の相撲世界にはほとんどそのまま生きています。つまり、相撲の文化を見れば、古い時代の日本文化だけでなく、現在の日本文化も知ることができます。相撲の世界は、一見して、現在の日本の日常生活と異質ですが、日本文化の伝統を頑なに堅持しています。もちろん、伝統を堅持すると言っても、時代と共に、少しずつ変化しています。しかし、その変化はかなりスローであり、しかも部分的なので、現時点ではあまり変化していないように見えます。長いスパンで見れば、大きく変化している部分が結構あります。いずれにしても、日本文化を知りたければ、相撲を支えている独自の文化に目を向けてみることです。特に日本文化に興味を抱く外国人には、相撲の世界を研究することを勧めます。そうすれば、現在の日本文化の底流に流れている考えや行動様式なども容易に理解できるはずです。

RSS 相撲の最新ニュース

  • 相撲部 2部リーグ全勝優勝も入替戦で早大に惜敗/東日本学生リーグ戦 - 明大スポーツWEB 2016年9月26日
    明大スポーツWEB相撲部 2部リーグ全勝優勝も入替戦で早大に惜敗/東日本学生リーグ戦明大スポーツWEB1部の壁を崩せなかった。昨年2部に降格した明大は完全優勝を目指した。一人ひとりが集中して臨んだ結果、2部では危なげなく全勝。1部昇格への挑戦権を手に入れた。しかし、チームの総合力が勝敗を分ける早大との入替戦。最後の大将戦までもつれ込む熱戦を繰り広げた ...
  • どすこい 子どもら力いっぱい 滑川学童相撲 - 中日新聞 2016年9月25日
    中日新聞どすこい 子どもら力いっぱい 滑川学童相撲中日新聞第二十六回滑川市学童相撲大会(市相撲連盟主催、北陸中日新聞など後援)が二十五日、市総合体育センターであり、まわしを着けた子どもたちが白熱した勝負を繰り広げた。 小学一~六年の男女五十五人が参加。学校別の団体戦と学年別の個人リーグ戦で競った。
  • マツダが相撲を模した「品質番付」を公開した理由 - 日経テクノロジーオンライン 2016年9月25日
    マツダが相撲を模した「品質番付」を公開した理由日経テクノロジーオンライン日本の製造業は品質を重視する経営で高いグローバル競争力を実現してきた。こうした日本の品質関連の取り組みを支援してきたのが「デミング賞」で知られる日本科学技術連盟(以下、日科技連)だ。企業・組織が品質に関する事例発表を行う日科技連主催の「クオリティ ...
  • 【相撲】豪栄、連続Vなら横綱昇進へ 協会幹部「全勝は印象が全然違う」「先場所の不成績は帳消し」 - 産経ニュース 2016年9月25日
    livedoor【相撲】豪栄、連続Vなら横綱昇進へ 協会幹部「全勝は印象が全然違う」「先場所の不成績は帳消し」産経ニュース日本相撲協会の二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)は秋場所千秋楽の25日、15戦全勝で初優勝した大関豪栄道について、九州場所(11月13日初日・福岡国際センター)で2場所連続優勝を果たせば横綱昇進が確実との見解を示した。 30歳の豪栄道は先場所で負け越し、今 ...豪栄道恩師「高校入学時には相撲で生き抜く覚悟ができていた」スポーツニッポン大相撲 大関・豪栄道が初優勝NHK平幕さながらのバタバタ相撲 豪栄道と鶴竜の取組に朝青龍も呆れlivedoorサンケイスポーツ -日刊スポーツ -埼玉新聞all 328 news articles »
  • 遠藤、これぞ技能相撲=大相撲秋場所千秋楽:時事ドットコム - 時事通信 2016年9月25日
    岩手日報遠藤、これぞ技能相撲=大相撲秋場所千秋楽:時事ドットコム時事通信初の技能賞を獲得した遠藤は、「三つの中で一番取ってみたかった。自分の技能が評価されるのはすごくうれしい」と声が弾んだ。左を差すと右はおっつけてから上手。錦木の ...遠藤が自己最多の13勝&技能賞 膝のケガから復活日刊スポーツ遠藤 自己最多13勝で「一番獲ってみたかった」技能賞を初受賞 ...スポーツニッポンall 9 news articles »