大相撲ドットコムはQ&A形式で学ぶ 相撲 の情報サイトです。

日本文化の底流にある伝統を探るには相撲が一番です。特に江戸文化を知るには大相撲を支えている文化を知ることです。会社、仕事場、家族等における伝統的な礼儀作法や人間関係等は、現在の相撲世界にはほとんどそのまま生きています。つまり、相撲の文化を見れば、古い時代の日本文化だけでなく、現在の日本文化も知ることができます。相撲の世界は、一見して、現在の日本の日常生活と異質ですが、日本文化の伝統を頑なに堅持しています。もちろん、伝統を堅持すると言っても、時代と共に、少しずつ変化しています。しかし、その変化はかなりスローであり、しかも部分的なので、現時点ではあまり変化していないように見えます。長いスパンで見れば、大きく変化している部分が結構あります。いずれにしても、日本文化を知りたければ、相撲を支えている独自の文化に目を向けてみることです。特に日本文化に興味を抱く外国人には、相撲の世界を研究することを勧めます。そうすれば、現在の日本文化の底流に流れている考えや行動様式なども容易に理解できるはずです。

RSS 相撲の最新ニュース

  • 貴乃花親方への処分必至=相撲協会、20日臨時理事会 - 時事通信 2017年12月18日
    貴乃花親方への処分必至=相撲協会、20日臨時理事会時事通信日本相撲協会は20日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、元横綱日馬富士による傷害事件に絡む、関係者への処分を決める。 元日馬富士の師匠だった伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は監督責任を問われる。被害者の貴ノ岩の師匠で巡業部長の貴乃花親方(元横綱)は、暴行が10月下旬の秋巡業中に起 ...and more »
  • 【著者に訊け】星野智幸氏 相撲への無自覚な差別が怖い - ニフティニュース 2017年12月18日
    ニフティニュース【著者に訊け】星野智幸氏 相撲への無自覚な差別が怖いニフティニュース目の前の事象に目を凝らすことで、世の中の構造や行く末さえ看破してしまう能力者がごく稀に存在する。例えば作家・星野智幸氏だ。〈スポーツとは、社会の深層で起こっていることを、社会よりも少し早く先取りする場〉と書く彼にとって、大相撲もその一つ。中でも観客らが必要以上に日本人力士に肩入れする、〈日本人ファー ...and more »
  • 元日馬富士処分は「引退勧告相当」提案へ - 毎日新聞 2017年12月18日
    毎日新聞元日馬富士処分は「引退勧告相当」提案へ毎日新聞元横綱・日馬富士の傷害事件で、関係者の聴取などを行っている日本相撲協会の危機管理委員会が、20日に開かれる臨時理事会で元横綱への処分は「引退勧告相当」と提案する方針であることが18日分かった。元横綱は既に引退して協会員ではない。だが、協会関係者は「横綱だったことを重く見て、横綱がこ ...相撲取材歴30年の横野リポーター、20日の理事会での処分について語る 白鵬は「厳重注意?」スポーツ報知相撲協会:元日馬富士処分は「引退勧告相当」提案へニコニコニュースall 7 news articles »
  • 「ロボット相撲」が両国国技館で開催 世界大会優勝はメキシコとポーランド - ロボスタ 2017年12月18日
    ロボスタ「ロボット相撲」が両国国技館で開催 世界大会優勝はメキシコとポーランドロボスタロボット同士の格闘競技大会「ロボット相撲」の全国大会と世界大会が、今年も両国国技館で12月17日(日)に開催されました。 主催は、コミュニケーションロボット「PALRO(パルロ)」の開発を行う富士ソフト。ロボット相撲は、「ロボット作りを通して『ものづくり』の楽しさを知ってもらう場を提供すること」を目的として開催されており、全国大会 ...国技館に熱気 横綱めざして「全日本ロボット相撲全国大会」ICT教育ニュース大分工高が3、4位 全日本ロボット相撲 - 大分のニュースなら 大分合同 ...大分合同新聞all 3 news articles »
  • 相撲ファン垂涎の品々展示 - 陸奥新報 2017年12月18日
    相撲ファン垂涎の品々展示陸奥新報青森市在住の相撲史研究家・今靖行さん(65)が長年にわたり収集してきた、相撲に関するパネル写真や絵皿などの展示会が、鯵ケ沢町の鯵ケ沢相撲館で開かれている。関係者でなければ入手するのが困難なものなど、好角家には垂涎(すいぜん)の品々が約200点並んでいる。来年3月15日まで。 展示 ...