大相撲ドットコムはQ&A形式で学ぶ 相撲 の情報サイトです。

日本文化の底流にある伝統を探るには相撲が一番です。特に江戸文化を知るには大相撲を支えている文化を知ることです。会社、仕事場、家族等における伝統的な礼儀作法や人間関係等は、現在の相撲世界にはほとんどそのまま生きています。つまり、相撲の文化を見れば、古い時代の日本文化だけでなく、現在の日本文化も知ることができます。相撲の世界は、一見して、現在の日本の日常生活と異質ですが、日本文化の伝統を頑なに堅持しています。もちろん、伝統を堅持すると言っても、時代と共に、少しずつ変化しています。しかし、その変化はかなりスローであり、しかも部分的なので、現時点ではあまり変化していないように見えます。長いスパンで見れば、大きく変化している部分が結構あります。いずれにしても、日本文化を知りたければ、相撲を支えている独自の文化に目を向けてみることです。特に日本文化に興味を抱く外国人には、相撲の世界を研究することを勧めます。そうすれば、現在の日本文化の底流に流れている考えや行動様式なども容易に理解できるはずです。

RSS 相撲の最新ニュース

  • 有吉弘行、相撲界の現状に持論を展開「体を休める時間がないのが問題」 - livedoor 2017年9月23日
    livedoor有吉弘行、相撲界の現状に持論を展開「体を休める時間がないのが問題」livedoorさらに、現在の相撲界には根本的な問題があると持論を展開。 「公傷制度(かつて大相撲に存在した、本場所におけるケガでの休場は、通常の休場とは扱わないという制度)を復活させるとかね。巡業と本場所が詰まり過ぎてて、やっぱり体を休める時間がないっていうのが、一つ ...前代未聞 99年ぶりに3横綱、2大関が休場した秋場所 負傷者続出の相撲界で何が起きているのか産経ニュース大相撲もプロ野球もケガ人続出は練習不足が原因<日本野球よ、それは間違っている!> - 広岡 達朗BLOGOSall 3 news articles »
  • 秋場所14日目の取組速報 - 毎日新聞 2017年9月23日
    毎日新聞秋場所14日目の取組速報毎日新聞大相撲秋場所14日目の23日、3敗の豪栄道が貴ノ岩を降して3連敗を免れ、4敗の日馬富士は御嶽海を退けた。4敗だった新入幕・朝乃山が阿武咲に敗れたため、優勝争いは2人に絞られた。千秋楽の結びで豪栄道が日馬富士を破れば昨年秋場所以来、6場所ぶり2回目の ...理事長、豪栄道と日馬富士のV争い「2人とも立派」日刊スポーツ乗ってきた豪栄道「一日一番。自分の相撲を」/秋場所サンケイスポーツ豪栄道、新世代力士の台頭にも「俺は旧世代でいいよ」昭和生まれ31歳が13日目にも2回目Vスポーツ報知NHK -日本経済新聞 -BIGLOBEニュースall 194 news articles »
  • 矢後「自分の相撲を磨かないと」負け越しも前向き - 日刊スポーツ 2017年9月23日
    スポーツ報知矢後「自分の相撲を磨かないと」負け越しも前向き日刊スポーツ負け越しという、1つの結果は出た。それにも前向きに「勉強になりました。(十両ともなれば)いろいろな人がいる。まだまだ自分の相撲を磨かないといけないと思いました。自分の相撲を取れたのが少ないし、もっと積極的な相撲を取れるようにしたい」と、しっかりした口調で話した。十両・矢後、速い相撲手応え…6勝目で勝ち越しに望みスポーツ報知新十両矢後6勝目、勝ち越しへ「速い相撲取りたい」BIGLOBEニュースall 5 news articles »
  • 21歳の元十両力真が引退 膝の故障で回復難しく - 日刊スポーツ 2017年9月23日
    毎日新聞21歳の元十両力真が引退 膝の故障で回復難しく日刊スポーツ日本相撲協会は23日、元十両で東幕下6枚目の力真(21)=本名久保田樹、熊本県出身、立浪部屋=が引退届を提出したと発表した。師匠の立浪親方(元小結旭豊)によると、7月の名古屋場所後に膝の手術を受けたが、相撲を取れる状態にまで回復するのが難しい状況だった ...元十両の若乃島、力真が引退届けを提出デイリースポーツall 8 news articles »
  • 豊ノ島、来場所関取復帰へ「ワンチャンス狙う」 - 日刊スポーツ 2017年9月23日
    豊ノ島、来場所関取復帰へ「ワンチャンス狙う」日刊スポーツ既に勝ち越しを決めている、元関脇で西幕下17枚目の豊ノ島(34=時津風)が今場所最後の7番相撲に敗れ、4勝3敗で場所を終えた。 東幕下25枚目の安芸ノ花(24=高田川)と対戦。左を差すのは早かったが、振りほどかれて背後を取られた。向き直して再び左四つになった ...and more »