大相撲ドットコムはQ&A形式で学ぶ 相撲 の情報サイトです。

日本文化の底流にある伝統を探るには相撲が一番です。特に江戸文化を知るには大相撲を支えている文化を知ることです。会社、仕事場、家族等における伝統的な礼儀作法や人間関係等は、現在の相撲世界にはほとんどそのまま生きています。つまり、相撲の文化を見れば、古い時代の日本文化だけでなく、現在の日本文化も知ることができます。相撲の世界は、一見して、現在の日本の日常生活と異質ですが、日本文化の伝統を頑なに堅持しています。もちろん、伝統を堅持すると言っても、時代と共に、少しずつ変化しています。しかし、その変化はかなりスローであり、しかも部分的なので、現時点ではあまり変化していないように見えます。長いスパンで見れば、大きく変化している部分が結構あります。いずれにしても、日本文化を知りたければ、相撲を支えている独自の文化に目を向けてみることです。特に日本文化に興味を抱く外国人には、相撲の世界を研究することを勧めます。そうすれば、現在の日本文化の底流に流れている考えや行動様式なども容易に理解できるはずです。

RSS 相撲の最新ニュース

  • 相撲部 いざ出陣 目指せ 西日本実業団選手権 長野・JA松本ハイランド - 日本農業新聞 2016年5月31日
    相撲部 いざ出陣 目指せ 西日本実業団選手権 長野・JA松本ハイランド日本農業新聞JA松本ハイランドが相撲で盛り上がっている。2014年9月の御嶽山噴火以来、沈んでいた県民の心を励まし続ける大相撲の御嶽海関の活躍に触発され、同JA職員有志が「JA松本ハイランド相撲部」を発足させた。松本市内の土俵で四股を踏み、初稽古に汗を流した。毎週土曜 ...
  • 白熱!わんぱく相撲 南相馬で小学生力士が『ぶつかり合い』 - 福島民友 2016年5月31日
    福島民友白熱!わんぱく相撲 南相馬で小学生力士が『ぶつかり合い』福島民友県・東北学童相撲大会予選会を兼ねた第22回わんぱく相撲原町地区大会は29日、南相馬市原町区の市相撲場で開かれ、小学生力士たちが土俵上で熱戦を繰り広げた。原町青年会議所の主催、県相双相撲連盟の共催。 小学生約50人が出場し、学年別の個人戦などが行 ...
  • 「相撲は神事、伝統文化」 大相撲解説者、舞の海秀平氏 - 産経ニュース 2016年5月30日
    「相撲は神事、伝統文化」 大相撲解説者、舞の海秀平氏産経ニュースまた、「相撲はスポーツではなく神事であり、伝統文化」とし、現在の相撲界について「大変盛り上がっているが、横綱の相撲のとり方など、昔と変わってきていることもある」と指摘。「かつての横綱は相手を正面から受け止め、奇襲のようなことはしなかった。そこに高い精神性や ...
  • 相撲史に名を残す出水川 - 南日本新聞 2016年5月30日
    南日本新聞相撲史に名を残す出水川南日本新聞相撲の決まり手のひとつに「泉川」という変わった名前の技がある。両手で相手の片方の差し手を挟むように抱え上げて 極 〔 き 〕 め出すもので、怪力の力士でなければ使いこなせない荒技だという。この決まり手の由来は出水出身の力士・出水川定右衛門(?~一七九四年)が ...and more »
  • <高校相撲>個人無差別級、斎藤が初栄冠 団体は埼玉栄、28度目V - 埼玉新聞 2016年5月30日
    埼玉新聞<高校相撲>個人無差別級、斎藤が初栄冠 団体は埼玉栄、28度目V埼玉新聞県高校総体は団体と個人無差別級が行われ、埼玉栄勢同士の決勝となった個人は1年生の斎藤大輔が決勝で手計(てばかり)富士紀をはたきこみで下し、初の栄冠を獲得。 団体は埼玉栄(西川、宮崎、高橋、塚原、手計)が蕨を5―0で退け、26年連続28度目の頂点に立った。