大相撲ドットコムはQ&A形式で学ぶ 相撲 の情報サイトです。

日本文化の底流にある伝統を探るには相撲が一番です。特に江戸文化を知るには大相撲を支えている文化を知ることです。会社、仕事場、家族等における伝統的な礼儀作法や人間関係等は、現在の相撲世界にはほとんどそのまま生きています。つまり、相撲の文化を見れば、古い時代の日本文化だけでなく、現在の日本文化も知ることができます。相撲の世界は、一見して、現在の日本の日常生活と異質ですが、日本文化の伝統を頑なに堅持しています。もちろん、伝統を堅持すると言っても、時代と共に、少しずつ変化しています。しかし、その変化はかなりスローであり、しかも部分的なので、現時点ではあまり変化していないように見えます。長いスパンで見れば、大きく変化している部分が結構あります。いずれにしても、日本文化を知りたければ、相撲を支えている独自の文化に目を向けてみることです。特に日本文化に興味を抱く外国人には、相撲の世界を研究することを勧めます。そうすれば、現在の日本文化の底流に流れている考えや行動様式なども容易に理解できるはずです。

RSS 相撲の最新ニュース

  • 目標は女子相撲日本一 島袋さん、男子と闘い自信 心技体磨き続け - 女性自身 2018年6月18日
    女性自身目標は女子相撲日本一 島袋さん、男子と闘い自信 心技体磨き続け女性自身【伊江・浦添】9日に浦添市の浦添市民相撲場で開催された「わんぱく相撲全国大会」の沖縄地区大会(浦添全島大会)で、伊江村立西小学校5年の島袋心海さん(10)が小学5年の部で4位入賞を果たした。各部門で女子の上位入賞は島袋さんのみ。昨年は4年の部で優勝して ...
  • 近畿高校大会 県勢、個人戦3階級制す 団体戦は箕島が優勝 /和歌山 - 毎日新聞 2018年6月18日
    毎日新聞近畿高校大会 県勢、個人戦3階級制す 団体戦は箕島が優勝 /和歌山毎日新聞第65回近畿高校相撲大会(近畿高体連・県教委主催、毎日新聞和歌山支局など後援)が17日、和歌山市有田屋町の県営相撲場であった。団体戦で昨年2位の箕島が雪辱を果たし優勝したほか、個人戦でも和歌山商の花田秀虎選手(2年)が2階級を制するなど、県勢が4階級 ...
  • ALTら21人が熱戦 県立武道館で秋田国際相撲大会 - 秋田魁新報 2018年6月18日
    秋田魁新報ALTら21人が熱戦 県立武道館で秋田国際相撲大会秋田魁新報秋田国際相撲大会がこのほど、秋田市新屋町の県立武道館で開かれ、東北在住の小中学校や高校の外国語指導助手(ALT)、留学生ら21人が熱戦を繰り広げた。ボランティア団体「チャリティー秋田」の主催で14回目。 米国やカナダ、オーストラリアなど8カ国の外国人と日本 ...
  • 田子ノ浦部屋の朝稽古に相撲ファン1800人 徳島文理大 - 徳島新聞 2018年6月18日
    徳島新聞田子ノ浦部屋の朝稽古に相撲ファン1800人 徳島文理大徳島新聞15日から徳島市の徳島文理大で合宿をしている大相撲田子ノ浦部屋が17日、朝稽古を一般公開し、約1800人が本番さながらの稽古を楽しんだ。 練習会場の体育館前には早朝から100人を超すファンが行列をつくった。開場と同時に土俵そばの座席に陣取り、カメラや ...稀勢の里「名古屋」へ慎重中日スポーツ徳島文理大で公開稽古 田子ノ浦部屋が合宿 /徳島毎日新聞稀勢の里1カ月ぶり「良い稽古」高安を圧倒9勝日刊スポーツスポーツ報知 -デイリースポーツ -スポーツニッポンall 85 news articles »
  • 子ども力士が土俵で熱戦 京都でわんぱく相撲 - 京都新聞 2018年6月18日
    子ども力士が土俵で熱戦 京都でわんぱく相撲京都新聞小学生対象の「わんぱく相撲 京都大会」が17日、京都市左京区の市武道センターで開かれた。府内各地から集まった小さな「力士」たちが元気に熱戦を繰り広げた。 京都青年会議所が毎年開き32回目。今年は416人がエントリーし、男女学年別で頂点を競った。男子の4~6年 ...and more »