「相撲の雑学」のまとめ

相撲の締め込み

締め込みとは何ですか? 本場所の土俵で相撲を取るとき、腰に締める廻しのことを「締め込み」と言い、「取り廻し」あるいは「揮」とも言います。十両以上の力士だけ、本場所で稽古場と異なる締め込みをつけられます。幕下以下の力士は本 […] ...続きを読む

相撲の化粧廻し

化粧廻しとは何ですか? 十両以上の関取りが土俵入りするための廻しです。前に垂れているエプロンのようなものは「前垂れ」と呼びます。この「前垂れ」には文字や絵の刺しゅうが施されています。 化粧廻しのサイズは決まっていますか? […] ...続きを読む

力水,力紙,塩

力水とは何ですか? 水には清めの意味があります。神聖な土俵に上るため、口をすすいで身を清めます。「清めの水」、「化粧水」とも言います。また、死力で戦うという覚悟の水盃の意味もあります。力水を付ける人を「水つけ役」と言いま […] ...続きを読む

横綱の土俵入り

横綱土俵入りは:いつ行われますか? 幕内土俵入りの後です。横綱土俵入りのことを「方屋入り」あるいは「手数入り」とも言います。寛政元年(1789)の谷風に授与された横綱免許状には「方屋入り」が用いられています。 横綱が2人 […] ...続きを読む

幕内土俵入り

幕内の土俵入りは誰が先導しますか? 行司です。下位の力士から花道より入場します。東方力士は東の花道から、西方力士は西の花道からです。土俵入りが終わると、先頭の力士から順に土俵を降り、もと来た花道を退場します。行司は一番最 […] ...続きを読む