力士の給料

Ozumou.png

iStock_000020268827Large.jpg

大相撲ドットコムTOP > 力士の給料

力士の給料

力士の収入は、月給や褒賞金など協会から公表されているもののはかに、協会の理事会の裁断によるもの、公表されていないもの、タニマチと呼ばれる後援者からのご祝儀などがあって、全貌をとらえるのは大変むずかしいものです。ここに示す金額は、平成八年(1996)時点の規定に示してあるものを基本にし、平成十年(1998) 一月までに公表されたものを参考にしてあります。正確な金額でなくても、それに近いものと考えてよいでしょう。

力士の給料

給料は月給制で、十両以上の力士に支給されます。幕下以下にはありません。
月給の内訳は、「基本給」と「手当」に分かれており、これを合わせた額は次のとおりです。

  • 横綱  260万6,000円
  • 大関  216万9,000円
  • 三役  156万4,000円
  • 幕内  120万9,000円
  • 十両   95万7,000円

ただし、各本場所の開催月から、各本場所の番付の階級によって支給されます。力士の給与が月給制になったのは、昭和32年(1957)5月のことです。それまでは、「歩方金」と言って本場所の収益を一定の割合で分配していて、収入が不安定でしたが、月給制になってからは、力士の生活が安定しました。なお、年寄、行司、呼出し等の給与制度も、昭和32年5月に制定され、さらに平成10年1月から給与改定が実施されました。月給は平成9年(1997)12月まで毎年、原則として前年比6パーセントの定期昇給でしたが、平成10年1月から10パーセントに引き上げられることになりました。それに加えて「特別昇給」という名日で臨時に昇給することもあります。これは、普通のサラリーマンの月給制度と同じような仕組みです。したがって、力士の月給も毎年変わって不思議ではありません。定期昇給の10パーセントは固定的なものではなく、何パーセント定期昇給をするかは理事会の判断によります。なお、サラリーマンに支給される定期的なボーナスはありません。

力士褒賞金

相撲社会独得の「褒賞金」という制度があり、これが月給と二本立てになっています。力士は「序ノロ」に入ったときから、番付、場所の成績、昇格などによって、褒賞金の最低支給標準額が決まっています。これは、 一般に「持ち給金」とか「基本給金」と呼ばれ、単に「給金」と言うこともあります。各力士は力士生活を続けるかぎり褒賞金がついて回り、それは、番付、場所の成績、昇格などによって加算されていきます。力士褒賞金としての最低支給標準額は、地位によって次のとおり決まっています。

  • 横綱  150円   
  • 大関  100円   
  • 幕内   60円
  • 十両   40円
  • 幕下以下 3円

地位が下がると、昇進当時の増加額に相当する金額を減らし、また、地位が上がったときに最低支給標準額に達していなければ、その額に引き上げます。この褒賞金をお金にして支給するときは、4、000倍します。たとえば、ある力士の褒賞金が1、000円であれば、1、000円×4、000で400万円が支給されます。ただし、これは場所ごとに十両以上の力士にだけ支給されます。幕下以下の力士もそれぞれ褒賞金を持っていますが、支給されません。ちなみに、褒賞金が4、000倍になったのは平成10年(1998) 1月からで、それまでは昭和61年(1986)以来の2、500倍でした。

勝ち越しは十両以上八番、幕下以下は四番ですが、それを基準にして、勝ち星が1つ増えるごとに力士褒賞金が50円増えます。たとえば9勝すると、勝ち越し星二番で力士褒賞金が100円となり、新しい持ち給金はその100円を加算したものになります。幕下以下で4勝すれば、1つ勝ち越しとなり、50円となります。この50円が、これまで取得している持ち給金に加算されて新しい持ち給金になります。力士褒賞金は「負け越し」ても減らないことになっていて、勝ち越したときだけ増える仕組みです。8勝を賭ける相撲を「給金相撲」というのは、この力士褒賞金によって50円上がるからです。三役を除く幕内力士(平幕)が横綱に勝つと、俗に「金星」といって、力士褒賞金が10円増加します。この場合、勝ち越さなくても、給金10円は授与されます。力士褒賞金は引退するまで場所ごとに支給されますので、金星が多ければそれだけ支給額も多くなるわけです。たとえば金星を7個あげた力士には、それを4、000倍した28万円が場所ごとに支給されます。ただし、不戦勝の場合は、金星としての「給金」は適用されません。実際に対戦して勝って、初めて給金に加算される「金星」となります。さらに、幕内以上の力士で優勝すると、褒賞金は次のように増加します。

  • 全勝優勝  50円
  • 優勝    120円

十両以下では、優勝しても力士褒賞金は増えません。

幕下以下奨励金

本場所の成績によって力士養成員に支給されるものです。

  幕下
三段目
序二段以下
      勝ち星
2、500円
2、000円
1、500円
      勝ち越し星
 6、000円  4、500円  3、500円

幕下以下では勝ち越しは4勝なので、もし5勝すれば勝ち越し星は二番となります。この幕下以下奨励金制度によると、たとえば、五勝すれば勝ち星で1万2、500円、さらに二番勝ち越しで1万2、000円となり、合計2万4、500円が奨励金として出ることになります。

各種手当

三役以上の力士には、本場所があるごとに次の「本場所特別手当」が支給されます。

  • 横綱  20万円  
  • 大関  15万円  
  • 関脇   5万円
  • 小結   5万円

この場所手当は、11日間以上出場すると全額、6日間以上出場すると3分の2、5日間以上出場すると3分の1、それぞれ支給されますが、全体の場合には支給されません。地方場所では、旅費支給規定により、旅費、宿泊料、日当などが特別に支給されます。正確な額や日当の日数は公表されていませんが、力士の地位によって額は異なり、日数は35日分として支給されているようです。次の額(1日)は大体の目安です。

  宿泊費 日当
      横綱 8、000円 3、000円
      大関  7、500円  2、000円
      関脇
6、500円 1、600円
      小結  6、500円  1、600円
      前頭  5、700円  1、400円
      十両
5、000円 1、200円

「力士養成員」としての幕下以下の力士には、電車賃と手当が場所ごとに部屋の親方に支給されます。手当は地位によって幕下15万円、三段目10万5千円、序二段8万5千円円、序ノロ以下7万円が支給されます。

三賞と名誉賞

三賞とは、殊勲賞、敢闘賞、技能賞のことですが、次の額が支給されます。

  • 殊勲賞  200万円
  • 敢闘賞  200万円
  • 技能賞  200万円

三賞制は昭和22年(1947)11月場所から始まりました。横綱と大関を除く幕内力士が対象となり、勝ち越しが条件です。
本場所の優勝者には、階級によって次の賞金が贈られます。

  • 幕内  1,000万円  
  • 十両    200万円  
  • 幕下     50万円  
  • 三段目   30万円
  • 序手段   20万円
  • 序ノロ   10万円

優勝力士がもらった賞金や賞品はもちろん優勝力士のものですが、力士は部屋に所属し、部屋には力士が多いので、分け合うことが多いようです。このほか、横綱・大関に昇進すると「名誉賞」として、横綱に100万円、大関に50万円が授与されます。ただし、再昇進の場合は授与されません。この名誉賞は、行司が「立行司」に昇進するときにも授与されます。

幕内優勝

平成9年(1997)初場所での幕内最高優勝表彰式では、天皇賜盃と表彰状、優勝旗と賞状・金一封、内閣総理大臣賞として賞状・総理大臣杯、そのはか、友好国、地方公共団体、新聞・放送関係、企業など20の組織や団体から賞状、金一封、記念品、商品などが贈られています。

取組の懸賞金

好取組にかけられる懸賞金は平成2年(1991)から1本6万円です。手数料として5,000円、年度末の税対策として2万5,000円を差し引いて、勝ち力士に3万円が渡されます。手数料は取組表掲載料、場内放送料、懸賞幕の作成、呼出しへの謝礼などに当てられます。賞金にも税金はかかるので、年度末の税金対策費として力士の名義で貯金をしておきます。税金対策で残りがあれば、これも力士名義で貯金し、引退するときに精算することになっているそうです。懸賞金は原則として5回以上、幕内の取組だけにかけられます。ただし、懸賞金の垂れ幕には個人名を使用することはできず、企業名、団体名、商品名を出すことになっています。申込みは希望日の4日前までで、懸賞を掛ける取組を指定するのは前日の午後二時となっているようです。不戦勝、引き分けの場合は、懸賞金はスポンサーに戻されます。

退職金・養老金・特別功労金

「退職金」という名目ではありませんが、十両以上の引退力士を対象に支給される「養老金」がそれに相当します。これは「基本金」と「加算金」の二本立てになっていて、「力士養老金および勤続加算金支給規定」に基づき、番付の地位や勤めた場所数などを考慮しています。

  基本金 一場所ごとの加算金
      横綱 1、500万円 50万円
      大関  1、000万円  40万円
      関脇
763万円 25万円
      小結
 763万円 25万円 
      前頭  763万円  25万円
      十両
475万円 21万円

幕下以下の力士には「退職金」はありません。餞別金としてわずかばかりの金額が支給されるだけです。「力士養成員の廃業に対する餞別支給要領」に基づくと、たとえば、 15場所務めないとその資格がないという制限があります。引退する力士に支給されるものに、「特別功労金」という制度もあります。特別功労金の対象者は普通、長年勤続した優秀な横綱と大関ですが、それ以外の力士にも支給されることがあります。対象者も額も理事会で決定します。ちなみに、平成に入ってから支給された主な力士の例を5名あげます。

      朝潮
1、800万円 平成元年
      北天佑 2、100万円 平成2年
      大乃国 2、500万円 平成3年
      千代の富士 1億円 平成3年
      旭富士 2、000万円 平成4年

千代の富士は、功労金に加えて養老金約4,000万円(推定)も支給されたと言われています。ちなみに、平成九年九州場所で引退した元大関小錦(佐ノ山親方)には、特別功労金3,000万円が贈られたと報じられています。