床山

床山はどんな仕事をしますか?

床山とはちょん髷や大銀杏を結う人のことです。力士の結髪をする人は床山と言い、決して理容師とは言いません。髷は力士のシンボルです。大銀杏は関取のみに許されます。独特な香りはビンツケ油の香りです。

髷には何種類ありますか?

髷には「ちょん髷」と「大銀杏」の2種類しかありませんが、大銀杏は十両以上の関取しか結えません。大銀杏を結うのは本場所や公式行事に出るときで、稽古場や普段の私的生活ではちょん髷です。

大銀杏というのは、結った髷の先端が銀杏の葉に似ていることに由来すると言います。他方、ちょん髷は髪を束ねてちょこんと結ぶことに由来すると言います。髪を束ねて根元のほうを結ぶ紐を「元結」と言つていますが、この元結は細くて丈夫な紙製の紐です。和紙をロウで固めてあります。

髷と怪我に関係がありますか?

髷は力士の外見的なシンボルですが、力士の怪我を防ぐ役目も果たします。立合いで激突したり土俵下に落ちたりしたときに、髷がクッションの役目を果たし、頭部を保護し怪我を防ぎます。

床山になるには資格がありますか?

行司や呼出しと同じように、義務教育を修了した満19才までの男子で、適格と認められた者ものです。理事会で適格と認められても、 3年間は見習いとしての養成期間です

床山になるにはどのような手順を踏みますか?

床山は相撲協会直属の会員ですが、実質的には相撲部屋に所属します。床山を希望する者は所属する相撲部屋の親方に相談し、親方の了承を得ます。親方は協会に申し込みます。定員が50名なので、それをオーバーしていれば待たなくてはなりません。現在はこれ以外に何名か補助員がいます。

床山はすべての相撲部屋にいますか?

いません。床山の定員は50名以内となっており、どの相撲部屋にも床山がいるとはかぎりません。床山のいない相撲部屋では、普通、一門から床山を借ります。相撲部屋によっては、 1人~ 3人くらいの床山がいることもあります

床山を他の部屋から借りるとき、金を払いますか?

払うべきだとは決まっていないようです。しかし、「骨折り賃」といって、床山本人にいくらか差し上げるのが慣行となっているようです。

床山には階級がありますか?

床山には6階級があります。「特等」、「1等」ヽ「5等」というような階級になっています。

外国出身力士で髷を結うときに苦労することがありますか?

すべての外国人が髷を結うときに昔労するわけではありません。元の髪が縮れていて癖がある場合に少し工夫が要ります。髪にパーマをかけて伸ばし、その後で結うことがあります。

床山には6階級があります。「特等」,「1等」ヽ「5等」というような階級になっています。

外国出身力士で髯を結うときに苦労することがありますか?

すべての外国人が髯を結うときに昔労するわけではありません。元の髪が縮れていて癖がある場合に少し工夫が要ります。髪にパーマをかけて伸ばし,その後で結うことがあります。

シェアしてみようShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0


One Comment

床山にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*