横綱の土俵入り

横綱土俵入りは:いつ行われますか?

幕内土俵入りの後です。横綱土俵入りのことを「方屋入り」あるいは「手数入り」とも言います。寛政元年(1789)の谷風に授与された横綱免許状には「方屋入り」が用いられています。

横綱が2人いる場合の土俵入りには順序がありますか?

あります。横綱土俵入りは幕内土俵入りの後に行れ、奇数日は東方から、偶数日は西方から順に行われます。東西は横綱の番付によります。したがつて、東の正横綱は常に東から土俵入りを行います。

横綱土俵入りの型にはいくつありますか?

2つです。不知火(しらぬい)型と雲竜(うんりゅう)型です。綱の結び方とせり上がりの方法にそれぞれ特徴があります。不知火型は綱の結び目が両輪になり、他方、雲竜型は1輪になっています。

不知火型のせり上がりはどうなっていますか?

四股を踏み終わった後で、両手を左右に広げてせり上がります。下からすくうように体を起こします。攻めの型と言われています。

雲竜型のせり上がりはどうなっていますか?

左手を脇腹にあて、右手を横に広げて、下段の構えからせり上がります。左手は「守り」、右手は「攻め」を示すと言われています。

不知火型と雲竜型のうち,どれにするかは誰が決めますか?

部屋の師匠と力士本人が周囲の意見を聞きながら決めます。協会が決めることはありません。また、部屋によって型が決まっているわけでもありません。

横綱土俵入りには,一定の作法がありますか。

あります。まず、立行司、露払い、横綱、太刀持ちの順に花道から入場し、土俵に上がります。横綱は二字口で塵を切ったり、柏手を2回打ったり、中央へ3歩進んだり、四股を踏んだりします。土俵入りの型にしたがって、手を伸ばしたり、せり上がったりします。中央で土俵入りが終わると、再び二字口に下がり、柏手を2回打ち、塵を切ります。

土俵を下りるときは、露払い、横綱、太刀持ち、立行司の順に花道から退場します。

露払いとは何ですか?

露払いは、横綱土俵入りの先導役で、横綱の先に立ち、道を開く役割を果たします。露払いは手に何も持っていません。

入場するときも退場するときも、横綱の前を歩きます。露払いと太刀持ちは共に、原則として、横綱と同部屋の幕内力士が務めますが、露払いは「太刀持ち」より下位力士です。十両は務めません。幕内力士が同部屋にいない場合、横綱と同門の幕内力士が務めます。

太刀持ちとは何ですか?

外敵から横綱を警護する役割を果たします。右手に太刀を捧げ持ちます。左手はひざの上にあります。幕内力士が同部屋にいない場合は、横綱と同門の幕内力士が務めます。

シェアしてみようShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0


One Comment

横綱の土俵入りにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*