審判委員

土俵下には審判員は何人いますか?

勝負を判定する審判委員の数は現在、どの「段」でも一律に5人です。これは昭和48年(1973)9月から実施されています。

幕下以下の取組では審判長がいません。5人の審判委員のうち、一人が代表となり、審判長的な役割を務めています。その代表は5人の審判委員の中で交替で務めます。代表になると、座る位置も正面になります。物言いの説明は、審判長の役目を果たしている者が行います。これが十両以上の審判と異なります。十両以上の取組では5人で1組を構成しますが、審判長が決まっています。その審判長になれるのは、審判部長1人、審判副部長2人です。

審判委員の座る位置は決まっていますか?

決まっています。東西の力士溜りにそれぞれ1人、行司溜りに2人です。その中で東寄り(赤房下)の審判委員は時計係となります。審判長は、正面溜りに座ります。土俵下を「溜り」と言います。行司溜りは向正面だから、南になります。行司もそこでは1人控えていますが、その控え行司の両側に審判委員は1人ずつ座ります。5人の審判員が1組を編成していますが、各審判員が同等の地位の場合、座る位置は日によって変わっています。正面、東、赤房下、自房下、西という順に位置を決めておき、今日「正面」に座る審判員は、明日は「東」に座るというように、ローテーション形式で回転しているようです。そうすれば、責任も義務をまったく同等になります。

物言いになったとき1審判委員に発言権の序列はありますか?

審判委員は平等な発言権を持ちます。しかし、物言いの協議で審判委員の意見が一致しないとき、審判長は最終的な判定を裁決することができます。

審判委員は月長装に制限がありますか?

あります。審判委員は土俵に出場する場合、紋服と白足袋を着用しなければなりません。規定には明文化されていませんが、白足袋の上に草履もはいています。

審判委員には誰がなりますか?

年寄(親方)がなります。この審判委員は理事会で選考し、理事長が任命します。委員の数は20名です。この20名が交替で全取組の勝負判定をします。任期は1年で、毎年1月場所後に改選が行われます。なお、審判部長は理事会の選考を経て、理事長が任命します。副部長は理事会の承認を得て、理事長が任命します。

物言いの協議には「引き分け」はありませんか?

あります。行司は必ず東か西のいずれかに軍配を上げなければなりませんが、審判委員は「引き分け」を決定することができます。したがって、協議後の場内発表には、次の3通りがあります。

  1. 軍配通り
  2. 行司差し違え
  3. 同体取り直し

「同体取り直し」とは勝敗をつけられず、もう1番相撲を取ることです。決着がつかない相撲ということで、その1番に関するかぎり「引き分け」です。行司は「行司差し違え」と「同体取り直し」に不満があっても従わなくてはなりません。

誰が勝負の決まり手を決めますか?

決まり手係の親方です。何人かで交替しながら務めています。行事はその決まり手を場内アナウンスします。決まり手がはっきり分かるときは、行司が即座に判断しアナウンスしていますが、決まり手を正式に決めるのは親方です。場内放送係は行司です。場内放送席と決まり手係の親方との間はインターホンで連絡し合っています。幕下以下の取組では、決まり手係の親方は黒房下の通路脇に控えています。さらに、十両以上の取組のときは、ビデオ室に係の親方もいます。決まり手が一度放送された後で訂正されることがありますが、その多くは行司の判断と親方の判断が違うことにあります。

最終的な決まり手となるのはどれですか?

場内放送で発表したものが最終的な決まり手です。これが協会の公式発表として記録に残ります。

シェアしてみようShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0


審判委員にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*