力士の給料

退職金・養老金・特別功労金

「退職金」という名目ではありませんが、十両以上の引退力士を対象に支給される「養老金」がそれに相当します。これは「基本金」と「加算金」の二本立てになっていて、「力士養老金および勤続加算金支給規定」に基づき、番付の地位や勤めた場所数などを考慮しています。

基本金 一場所ごとの加算金
      横綱 1、500万円 50万円
      大関  1、000万円  40万円
      関脇 763万円 25万円
      小結  763万円 25万円
      前頭  763万円  25万円
      十両 475万円 21万円

幕下以下の力士には「退職金」はありません。餞別金としてわずかばかりの金額が支給されるだけです。「力士養成員の廃業に対する餞別支給要領」に基づくと、たとえば、 15場所務めないとその資格がないという制限があります。引退する力士に支給されるものに、「特別功労金」という制度もあります。特別功労金の対象者は普通、長年勤続した優秀な横綱と大関ですが、それ以外の力士にも支給されることがあります。対象者も額も理事会で決定します。ちなみに、平成に入ってから支給された主な力士の例を5名あげます。

      朝潮
1、800万円 平成元年
      北天佑 2、100万円 平成2年
      大乃国 2、500万円 平成3年
      千代の富士 1億円 平成3年
      旭富士 2、000万円 平成4年

千代の富士は、功労金に加えて養老金約4,000万円(推定)も支給されたと言われています。ちなみに、平成九年九州場所で引退した元大関小錦(佐ノ山親方)には、特別功労金3,000万円が贈られたと報じられています。

シェアしてみようShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0


2 Comments
  1. admin のプロフィール写真

力士の給料にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*