力士の給料

各種手当

三役以上の力士には、本場所があるごとに次の「本場所特別手当」が支給されます。

  • 横綱  20万円  
  • 大関  15万円  
  • 関脇   5万円
  • 小結   5万円

この場所手当は、11日間以上出場すると全額、6日間以上出場すると3分の2、5日間以上出場すると3分の1、それぞれ支給されますが、全体の場合には支給されません。地方場所では、旅費支給規定により、旅費、宿泊料、日当などが特別に支給されます。正確な額や日当の日数は公表されていませんが、力士の地位によって額は異なり、日数は35日分として支給されているようです。次の額(1日)は大体の目安です。

宿泊費 日当
      横綱 8、000円 3、000円
      大関  7、500円  2、000円
      関脇 6、500円 1、600円
      小結  6、500円  1、600円
      前頭  5、700円  1、400円
      十両 5、000円 1、200円

「力士養成員」としての幕下以下の力士には、電車賃と手当が場所ごとに部屋の親方に支給されます。手当は地位によって幕下15万円、三段目10万5千円、序二段8万5千円円、序ノロ以下7万円が支給されます。

三賞と名誉賞

三賞とは、殊勲賞、敢闘賞、技能賞のことですが、次の額が支給されます。

  • 殊勲賞  200万円
  • 敢闘賞  200万円
  • 技能賞  200万円

三賞制は昭和22年(1947)11月場所から始まりました。横綱と大関を除く幕内力士が対象となり、勝ち越しが条件です。
本場所の優勝者には、階級によって次の賞金が贈られます。

  • 幕内  1,000万円  
  • 十両    200万円  
  • 幕下     50万円  
  • 三段目   30万円
  • 序手段   20万円
  • 序ノロ   10万円

優勝力士がもらった賞金や賞品はもちろん優勝力士のものですが、力士は部屋に所属し、部屋には力士が多いので、分け合うことが多いようです。このほか、横綱・大関に昇進すると「名誉賞」として、横綱に100万円、大関に50万円が授与されます。ただし、再昇進の場合は授与されません。この名誉賞は、行司が「立行司」に昇進するときにも授与されます。

幕内優勝

平成9年(1997)初場所での幕内最高優勝表彰式では、天皇賜盃と表彰状、優勝旗と賞状・金一封、内閣総理大臣賞として賞状・総理大臣杯、そのはか、友好国、地方公共団体、新聞・放送関係、企業など20の組織や団体から賞状、金一封、記念品、商品などが贈られています。

取組の懸賞金

好取組にかけられる懸賞金は平成2年(1991)から1本6万円です。手数料として5,000円、年度末の税対策として2万5,000円を差し引いて、勝ち力士に3万円が渡されます。手数料は取組表掲載料、場内放送料、懸賞幕の作成、呼出しへの謝礼などに当てられます。賞金にも税金はかかるので、年度末の税金対策費として力士の名義で貯金をしておきます。税金対策で残りがあれば、これも力士名義で貯金し、引退するときに精算することになっているそうです。懸賞金は原則として5回以上、幕内の取組だけにかけられます。ただし、懸賞金の垂れ幕には個人名を使用することはできず、企業名、団体名、商品名を出すことになっています。申込みは希望日の4日前までで、懸賞を掛ける取組を指定するのは前日の午後二時となっているようです。不戦勝、引き分けの場合は、懸賞金はスポンサーに戻されます。

シェアしてみようShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0


2 Comments
  1. admin のプロフィール写真

力士の給料にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*